スプレッドでFX業者を選ぶ

スプレッドでFX業者を選ぶ

スプレッドでFX業者を選ぶ

テレビや新聞などでは、景気回復の兆しで株高や円安となっているという話題をよく耳にします。そんな話題を聞いて、投資にチャレンジしてみようという方も多いのではないでしょうか。

 

投資をする上では、どのような投資をどこの取引会社で行うかを決める必要があります。その選択条件のひとつに、取引に掛かるコストがあります。投資のひとつ「FX」では、この取引コストが安く済むのも注目のポイントです。

 

FXは、「Foreign eXchange(外国為替)」の略で、一般的に外国為替証拠金取引のことを言います。外国為替証拠金取引は、外国の通貨を売買して利益を得る取引です。

 

FXの取引では、ある価格でエントリーし、ある価格で決済を行い、その差分が利益・損失となります。その際、売値(ask)と買値(bid)の2つの価格が提示されるのがFXの特徴です。売値とは、取引会社が「売る」価格(投資家が買う価格)です。

 

買値とは、取引会社が「買う」価格(投資家が売る価格)です。この売値と買値の差分を「スプレッド(spread)」といい、取引会社への手数料となります。このスプレッドは、通貨ペアごとに異なってきます。

 

また、取引会社ごとにも、設定金額が異なるため、取引会社を選ぶポイントのひとつになります。通貨ペア「アメリカ・ドルと日本・円」では、0.3銭から1.0銭くらいです。通貨ペア「ユーロと日本・円」では、0.7銭から2.0銭くらいです。

 

通貨ペア「イギリス・ポンドと日本・円」では、1.2銭から3.0銭くらいです。FXの取引では、10000通貨単位で取引が行われるので、だいたい30円〜300円くらいが一回の取引でのコストになります。

 

株取引での売買手数料は、最近ではかなり安くなってきましたが、それでも100円以上かかるのが一般的です。土日を除く平日24時間、いつでも取引が行えますので、投資に興味がある会社員の方、FXを始めてみてはいかがでしょうか。

サイト運営者情報

サイト所有者名 : 山内 昇

 

メールアドレス : hjhcn656@yahoo.co.jp

 

住所 : 熊本県菊池郡菊陽町原水5547-2

リンク集

Google PageRank

ホーム RSS購読